かえで、出張の流儀その⑧

お茶の時間にしよう

ホテルや旅館の部屋には殆どの場合湯呑お茶が用意されている、高級な旅館やホテルだとこれに+お茶菓子があったりするのだが残念ながらこのホテルは玄米茶しかついていない。と言う訳で今日は一日の疲れをほっと癒せてる気がする私が最近お熱のコンビニスイーツを紹介しようと思うよ。

f:id:pic_Caede:20200928172753j:plain

和菓子+洋

と言う訳で今回紹介するのはホイップ生どら焼きです、今回はローソンで購入しましたが割と何処のコンビニにも居る定番品です。ところでローソン久しぶりに行くんですが、包装が味気無くなってる気がします…。

f:id:pic_Caede:20200928172802j:plain

開封

f:id:pic_Caede:20200928172733j:plain

f:id:pic_Caede:20200928172812j:plain

UFO感

あとドラえもんに出てくるどら焼きに特に形が似てる気がします、あれくらいふっくらしたどら焼きって少ないですよね、なんか現実はペタァってしてます。

いただきます

f:id:pic_Caede:20200928172743j:plain

f:id:pic_Caede:20200928172820j:plain

ホイップ餡子の組み合わせを考えて人は本当に天才ですよね、それにこのしっとりした生地がまた絶妙に美味いんですよねぇ…。粒あんは嫌いな人結構多いですよね、でもこのお菓子だと漉し餡より粒あんのが合う気がします、玄米茶となぜか相性良いです、やったね。(なんだこの酷い食レポ。)

おわりに。

今回は最近マイブームなお菓子を紹介させて貰ったよ、今回はローソンの奴を紹介したけど何処のでも美味しいから是非食べてみてね。ついにカテゴリに旅行を入れ始めたね、仕事の自覚が消滅しつつある今日この頃です。それではまた明日、またのぅ。

かえで、出張の流儀その⑦

再び旅行

さて皆さん、待ちに待った日曜日がやってきました。今日は釜石港に行く事にします。行先は特に決めません、いつも通り現地で決めます。そうとなれば早速切符を買って電車に乗り込みます、駅の売店で新米のおにぎりが売ってたので買いました、鉄道旅とおにぎりって親和性が高い気がします、美味でした!

f:id:pic_Caede:20200927174019j:plain

おにぎりを食べたり音楽を聴いたりおよそ四十分、釜石駅に到着しました。

f:id:pic_Caede:20200927175209j:plain

先ずは足の確保

先ずは移動手段を確保することが最優先です、と言う訳で今回も遠野の時よろしくレンタサイクルに頼ります。釜石駅を出てすぐにある観光案内所で借りる事が出来ます、料金は一日500円とかなり安価で電動自転車を貸してもらえます。

f:id:pic_Caede:20200927175251j:plain
なんとなく神社へ

観光案内所で貰った地図を見てたら近くに神社があるみたいなのでそこへ向かいます、なんか分からないんですけど神社仏閣に惹かれるんですよね、すごく好きです。

f:id:pic_Caede:20200927175648j:plain

と言う訳で到着

八雲神社という神社みたいです。上に公園があってそこから入れるみたいなのでそっちから行きました、道中ヒガンバナに触れられて良いサイクリングでした。電動の自転車だったお陰で坂道も楽でした。余談ですが電動自転車って凄く力持ちなんですね、いつもの感覚で加速したら前輪浮いちゃいました(汗)

f:id:pic_Caede:20200927175908j:plain

道中見つけたヒガンバナ

f:id:pic_Caede:20200927180425j:plain

f:id:pic_Caede:20200927180440j:plain

今後も無事故で無事に帰れる様に祈ってきました、なおこの後行った釜石港の道中で滑る道と慣れないアシストのお陰で転んだ模様、怪我は無かったから良かったです、神様のお陰かな?

釜石港に到着

f:id:pic_Caede:20200927180523j:plain

晴れてればもっと綺麗だったでしょうね(笑)

この構図お気に入りです。結構釣り人とかでにぎやかな港でした、写ってませんが高いコンクリートの分厚い壁の中にある感じの港でした。

f:id:pic_Caede:20200927180522j:plain

なんか凛々しい鳥

f:id:pic_Caede:20200927180533j:plain

f:id:pic_Caede:20200927180550j:plain

デカいタンカーや海上保安庁巡視船も見れました、この子はかとり型巡視船のきたかみで北上川が名前の由来らしいです。

観音様を見に行こう

次は釜石大観音を見に行きます、公式のURLは下に置いておきます。正式名称は石應禅寺釜石大観音と言うらしいです、高さは48.5mでとても大きいです。港を後にした私は観音様目指して自転車を走らせ始めます、とここで事件が…はい、仕様をよくわかってなかったので常時アシスト強で走ってたせいでバッテリーが無くなりいわゆる電欠状態に…こうなると重し付きのママチャリと化します、坂道辛かったです。

何とか到着

無駄に重いだけになったママチャリを漕ぐ事数十分、なんとか入り口まで到着しました、入場料は500円で今の時期はマスク必須なのでご注意を。

f:id:pic_Caede:20200927180614j:plain

足元で見ると本当に大きいです、胸あたりが展望室になっていて内部の階段を上ります、階段は少し狭いので閉所恐怖症の人は要注意、道中色々な仏様に会えます

f:id:pic_Caede:20200927180722j:plain

ちょっと狭い

f:id:pic_Caede:20200927180624j:plain

道中出会う中の一人

f:id:pic_Caede:20200927180701j:plain

着きました!

f:id:pic_Caede:20200927180659j:plain晴れてればもっと綺麗だったんでしょうね、、、。それでも周りに遮るものが何一つ無く一帯を見渡せて良い気分でした。

港町に来たら

港町に来たらやっぱり海鮮ですよね、と言う訳で今回は釜石駅から徒歩五分位の場所にある「サンフィッシュ釜石」さんの中にある海鮮 まえ浜さんへ行ってきました、食べログ下に張っておきますね。ちなみにこのお店千円以下のメニューが存在しないので、入る際は覚悟の準備をしておいてください、私は出来てるのでいざ入店。大好きなホタテがいっぱい乗ってるホタテ丼を注文。

f:id:pic_Caede:20200927180708j:plain

うまい!

ホタテ本来の味が口全体に広がります、付け合わせのイカとカイヒモの刺身もおいしかったです!因みに1700円(税込み)高かったけど幸せなのでOKです。

おわりに。

今日の記事はどうでしたでしょうか。あれだけ嫌だった出張も気持ちや何をするかによってこんなにも楽しくなるとは自分でも驚きです、帰りたくなくなっちゃいますね(笑)

それではまた明日、またのぅ。

かえで、出張の流儀その⑥

カメラのメンテナンス

長期の旅行や出張にカメラを持っていく場合、どうしてもメンテナンスに使う道具類も一緒に持ってかなければならない、メンテナンスを怠るとカビが生えたりカメラの寿命が短くなったりするからである。だが荷物は減らしたいのが困る所である、と言う訳で今回は私が使ってるコンパクトなメンテナンスセット一式を紹介するよ。

f:id:pic_Caede:20200926173452j:plain

こちらが私が普段から愛用しているMEKUULA製のクリーニングキットです、Amazonリンクは下に貼っておきます。

とてもコンパクト

このカメラのクリーニングキット、とてもコンパクトなんです。

10円玉と比べるとこんな感じ

f:id:pic_Caede:20200926173911j:plain

基本は5個

この中には色々な道具が入っていますが、基本的に使うのは5点です。

・柔らかい茶色のブラシ

黒で固めのブラシ

メガネ拭き的な布

ブロワー

・レンズを拭く棒

まぁ、詳しくは実物を見てね、、(´・ω・`)

見えるゴミをとる

まずはブラシ二本で軽くゴミを取って行きます。茶色と銀のブラシで基本やりますが、微妙に取れないゴミとかは黒の固めのブラシで取ってあげます。

f:id:pic_Caede:20200926174527j:plain

細かいゴミを飛ばす

次に細かいゴミをブロワーで吹き飛ばします。

※ボディのセンサー側もやると尚良し

f:id:pic_Caede:20200926174934j:plain

レンズの仕上げ

後はこのフェルト的な拭く面が付いてるペンでレンズをキュキュッと拭いてあげます。写真は有りませんが布はボディやレンズの外装をやさしく拭いてあげるのに使います。

f:id:pic_Caede:20200926175049j:plain

おわりに。

今回は旅行や旅の良き相棒のメンテナンス方法やお勧めの道具を軽く紹介させてもらったよ、カメラはデリケートな機材だから長期の外出に連れていく時は特に気を使ってあげてね、それでは良きカメライフを。それじゃあまた明日、またのぅ。

f:id:pic_Caede:20200926175053j:plain

 

かえで、出張の流儀その⑤

旅行に行こう

今日は朝から雨でしたね、そのおかげで今日は仕事が休みになってしまいまして一日暇になってしまった訳です。折角出来た休日、狭苦しいホテルで只浪費するのは勿体無いですよね?と言う訳で今日は朝から温泉に行く事にしました。

f:id:pic_Caede:20200925201808j:plain

安ホテル最大の欠点

安いホテルって大浴場が無いのは勿論ですが、風呂とトイレと洗面台まで合体したユニットバスなんですよ、下が私が私が泊まってるホテルです。

f:id:pic_Caede:20200925200031j:plain

落ち着いて風呂に入れない

これだと風呂桶にお湯を張って入るのが落ち着かないしなんか嫌なんですよね、そもそも髪や体を洗う時に風呂桶内で完結しないといけないのが嫌です。と言う訳で今日はそんなストレスを解消するために温泉へ行く事にしたんです。

いざ出発

今回は花巻市の温泉旅館の湯治屋さんにお邪魔しました、URLは下に。新花巻から釜石線とバスで大体一時間で到着。古風なバス停が迎えてくれます。

f:id:pic_Caede:20200925204059j:plain

 

 良い雰囲気ですよね、ちなみにバスは一時間一本なので便が良いとは言えませんね、、、バスを使うより車で来る方が良いです、湯冷めしちゃいますから笑。

旅館

古風な外観でこれぞ古き良き日本の旅館といった感じで実際内装の方も昭和に来たかのような内装で、私は平成生まれなのですが何処か懐かしいと感じる建物でとても落ち着く雰囲気で良かったです。

※今はコロナの関係上マスクが必須ですので訪れる際はご注意を。

f:id:pic_Caede:20200925201553j:plain

f:id:pic_Caede:20200925204757j:plain

景観

また、すぐ近くを流れる豊沢川と周りの森と水車の織り成す景色がとても美しいです。

昔ギャラリー茅湯治屋をつなぐ曲がり橋から見える景色が美しいと言う事で有名です、特に今日は雨が降っていたと言う事で何とも言えない良い雰囲気を見せてくれました、個人的には川と緑は雨の日の方が映える気がしますね。

f:id:pic_Caede:20200925205927j:plain

曲がり橋

f:id:pic_Caede:20200925205950j:plain

これから徐々に葉が赤くなり秋らしい顔をしてくれる事でしょうね、、、その頃に行けないのが残念でなりません、、、。この景色をお風呂に入りながら見る事が出来る、とても贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

お風呂

ここから主役であるお風呂の紹介をして行きたいと思いましたが、、、残念ながらお風呂の中では写真を撮ることが出来なかったのでお風呂の様子はWebサイトの方をご覧ください、、、URLは下に置いておきます。


私個人としてはかわべの湯をお勧めします、窓から見える景色は一瞬一瞬が二度と同じ顔をしない写真と言った感じで見てて飽きない景観でした。

おみやげ

f:id:pic_Caede:20200925212219j:plain

お土産屋さんも昔ながらのお土産屋さんという感じでとても良い雰囲気でした。幼少期買って貰えなかった頃の思い出が蘇るようです、それと同時にもう買ってくれる大人はいないんだなって思い少し寂しくなりますね、、、そんな感傷に浸りながらお土産をちょいと買いました。お土産の内容は家に帰ってからで、ヒントは宮沢賢治です。なぜ今やらないかってのは単に家族に勝っていった奴なので袋開けたくないんですよね、包む前に撮ればよかった、ごめんね(´・ω・`)

おわりに

今日は急な休みでしたが良い旅にする事が出来ました、またこんな旅が出来るように明日の労働も頑張ろうと思います。それではまた明日、またのぅ。

 

かえで、出張の流儀その④

基本はホテル

出張先でいくら観光を楽しむと言っても過ごす時間として大部分を占めるのはホテルの部屋である。無論新しいホテルや旅館等であれば施設内に娯楽施設があるだろうが一応仕事で来てる身なのでホテルは安いところを選ぶことになる、となると当然施設内に娯楽は無いから部屋のテレビが唯一の暇つぶしになる。それだと退屈です、と言う訳で今回は退屈なホテル生活を少しだけ楽しくして行こうと思う。

f:id:pic_Caede:20200923185139j:plain

ホテルの環境

今回はアマプラやYouTubeを見るためにパソコンを持ってきた、ここだけを聞くと賢い読者の皆様は え?それだけならFire TV Stick買えば良くない?と思うかもしれないが待ってほしい、古い安テレビだと液晶でもHDMIを搭載していない事も有るしホテル側が端子を使えなくしている事も稀にある、もしそうだと折角持参したFire TV Stickは只の置物と化す。対してノートパソコンなら仮に接続できなくても自前の画面で見ることも出来る。行った事の無い田舎の古いホテルに泊まる時は汎用性があるデバイスの方が良い。

f:id:pic_Caede:20200923185027j:plain

と言う訳準備に取り掛かる、出張前日に購入したHDMIケーブル、正直HDMなら何でも良い、そもそも端子すら怪しいTVに画質なんて期待出来ないから。さてこの部屋のTVはどうか…!!

f:id:pic_Caede:20200923185004j:plain

f:id:pic_Caede:20200923185100j:plain

優勝

この宿のTVはHDMIを搭載していました!早速TVとPCを接続して行きましょう!

f:id:pic_Caede:20200923185049j:plain

f:id:pic_Caede:20200923185109j:plain

これで後はアマゾンプライムだのYouTubeでも好きな物をそこそこの大画面で見れる様になりました!

音害問題

当然だがお安いホテルは壁が薄く音が漏れて隣の利用客から怒られる可能性もある、そこで役に立つのがコレ

f:id:pic_Caede:20200923185149j:plain

Bluetoothイヤホン

今回その問題を解決するために使用するのはJBL製のBTイヤホンでなぜコレかと言うと、単純に音が良かったからでこの価格帯にしてはバランスの良い音を出してくれます(個人的な意見)、リンクは下に。

www.e-earphone.jp

後はPCとイヤホンをリンクさせてベッドに入って心行くまで映画でもなんでも見ればいい。安ホテルがちょっとしたホームシアターに早変わりです。

おわりに

今回はあまりに暇なホテルでの時間を少しでも楽しくしようと試みてみました。結果は成功でホテルでの退屈な時間を有意義な物にする事が出来ました、皆さんも出張で安ホテルに押し込まれた時は試してみてくださいね!それではまた明日、またのぅ。

かえで、出張の流儀その③

遠野観光行って来ました!

昨日は遠野のほうへ出向き、観光を楽しんできました。というわけで今日の記事は観光の事をサラッと書いていこうと思うよ。

サイクリングに行こう。

まずは駅前にある観光センターに自転車を借りに行きました、遠野市観光協会

遠野 旅の蔵」という施設で借りることができます、URLは下に貼っておきます。ママチャリタイプなら4時間 720円5時間以上で1120円となっており他にも4時間1100円5時間以上で1500円と少々高くはなりますが電動自転車電動クロスバイクも選択できます。使用するルートによっても変わりますが五百羅漢等の山に入るルートでは絶対電動クロスバイクをお勧めします(ママチャリだと割とつらかった)

 

tonojikan.jp

f:id:pic_Caede:20200922210819j:plain

この子が今回借りたママチャリ、三段変速付きで街乗りはものすごく快適でした。 

いざ、山の中へ

はい、変速があれば山も行けるだろうと思って山の方に行きました。

f:id:pic_Caede:20200922211111j:plain

オフロード

最早車すらあまり通らないであろう舗装されてない道をクロスバイク借りれば良かったと後悔しつつ走ること十数分、開けた場所に出ました。

f:id:pic_Caede:20200922211902j:plain

f:id:pic_Caede:20200922211923j:plain

凄い!

ガードレールも何もない山の未舗装の三つを乗り越えて遂に、遠野の町と山々を一望出来るスポットにたどり着きました!ここまでの疲れも飛んでしまいそうな達成感に包まれました。この自転車をバックに街を写す写真は個人的にお気に入りです。

f:id:pic_Caede:20200922212347j:plain

下山後

良い景色を堪能した私はそのまま下山後、まだ自転車のレンタルの時間も余っていた為、その足で遠野物語の館へ赴き、遠野に伝わる民話や柳田國男氏の生涯について触れることができました。※遠野物語の館は大人510円です

おわりに

出張先に早く訪れる事が出来たお陰で、現地の文化に触れる事が出来て最高の一日でした、この日の様な休日を過ごす為に明日も労働に励みたいと思います。それではまた明日、またのぅ。

 

 

かえで、出張の流儀その②

有言実行

昨日も書いたように今日は朝から現場に向かいました。そもそもなぜこんなに早く出るか、観光をしたいからです。どうせ家で出発を遅らせても非生産的だし何も生みませんから。(旅行が何かを生むわけではないけども)

優雅に朝食

新幹線に乗り込み、座席に移動、本日の旅のお供をどん!

f:id:pic_Caede:20200922173906j:plain

すえひろの天むす(722円)駅前のサンドウィッチ(340円)さらっと絞った奴っ(130円)を買いました、この手の奴は高いけど旅のテンションにつられて買っちゃうんですよね(笑)

ではまずサンドウィッチから、、うむ、、。いろいろな味が入ってて◎

f:id:pic_Caede:20200922174247j:plain

 少し時間をおいて次は天むす。

f:id:pic_Caede:20200922174614j:plain

一口サイズが可愛いです、これ一つ一つにぷりぷりのエビが入っててとても美味しいんですよね、口直しの伽羅蕗も美味です。

f:id:pic_Caede:20200922174741j:plain

ところで色合いという役割は分かるのですが、この妙にリアルな大葉は必要なんですかね、、、?そんなこんなで目的地の新花巻に到着。東京から岩手まで2時間強でたどり着けるとは、新幹線は偉大ですね。

f:id:pic_Caede:20200922175249j:plain

いざ観光タイム

というわけで目的の観光です、今回は敢えて花巻周辺ではなく釜石線に乗り込んで民話の故郷として名高い遠野へ行くことにします。ディーゼルカーに揺られて一時間、遠野駅に到着。

f:id:pic_Caede:20200922175911j:plain

ホテルがまだというか当然ですがチェックインできなかったのでスーツケースも一緒です。冷静に考えればなんであの時預けなかったんでしようね、、、ロッカー代がバカ高かったです。

今回はここまで

明日は遠野観光についての記事を上げようと思ってるよ、それではまた明日、またのぅ。